初めてのメンズ脱毛【岡山編】 » メンズ脱毛で注意すべきポイント » サロンとクリニックの違い

サロンとクリニックの違い

クリニックとサロン、メンズ脱毛するならどっち?

このページでは、メンズ脱毛を行なっているクリニックとサロンについて、その違いとそれぞれのメリット・デメリットをまとめています。

クリニックの脱毛とサロンの脱毛は何が違うの?

結論からいうと、クリニックの脱毛はレーザー脱毛に代表される専門の医師がいる医療機関でのみ施術が可能な脱毛のことで、サロンでの脱毛は光脱毛やワックス脱毛といった、特別な資格がなくても施術ができる脱毛のことをいいます。

なお、ニードル脱毛については、絶縁針と呼ばれる医療用のニードルを用いる絶縁針脱毛と、医療用ではない電気針を用いる美容電気脱毛の二種類があります。

クリニックとサロンの脱毛については、どちらが良いといったことは一概にはいえません。

そのため、ぞれぞれのメリット・デメリットをもとに、自分の希望にあった脱毛はどちらなのかを判断する必要があります。

クリニックとサロンのメリット・デメリット

ここでは、クリニック=医療レーザー脱毛、サロン=光脱毛として、それぞれの特徴をご紹介します。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット

クリニックでのみ受けられる医療レーザー脱毛のメリットは、専門の医師のみが扱える高出力のレーザーによって、一度の施術でより高い脱毛効果が得られることにあります。

そのため、クリニックに通う回数もおのずと少なくて済み、できるだけ早く脱毛を完了したいという方に向いています。

それ以外にも、医療機関での受診になるため、何かあった際のアフターフォローもしっかりしていたり、サロンによっては対応できないVIOといったデリケートラインの脱毛についても、ほとんどのクリニックで対応可能となっています。

デメリット

一方のデメリットとしては、高出力での脱毛による痛みと、サロンに比べてクリニックの数が少なく、且つ高額になってしまうことです。とはいえ、料金については通院回数が少なくなることで、トータルではさほど変わらないといったこともあるようです。

光脱毛のメリット・デメリット

メリット

多くのサロンで施術が行われている光脱毛のメリットは、資格を持たないエステティシャンでも施術可能ならことから、一回の費用が比較的安く通いやすいこと、また痛みが少ないため肌が弱い方でも麻酔なしで受けることができる点にあります。

資格をもたないといっても、当然ながら研修を受けたエステティシャンのみが施術を行ないますので、技術的な不安はないものと考えてよいでしょう。また、医療機関と提携しているサロンも多く、アフターフォローについても問題ない場合が多いです。

デメリット

光脱毛のデメリットは、脱毛が完了するまでの回数がレーザー脱毛に比べて2〜3倍くらい多くなってしまうことです。一回の費用が安くても、トータルコストはさほど変わらなかったり、人によっては期間が二年以上にも及んでしまう可能性もあります。

どちらの脱毛が自分にあっているか

それぞれのメリット・デメリットから考察すると、「少しでも費用を抑えたい」「できるだけ痛くない方がいい」という方はサロンでの脱毛、「少ない回数で早く終わらせたい」「とにかく安全性が大事」という方はクリニックでの脱毛が向いているといえます。

当然ながらクリニックやサロンによって費用やサービスの内容が異なりますので、事前のカウンセリングなどで自分に合っているか確認することをおすすめいたします。
イメージ

初めてのメンズ脱毛は誰にも知られること無く、ひっそりと体験をしてみたい。そんな考えをもっている方は、ぜひ一覧から探してみてください。

岡山のメンズ脱毛店が知りたい!