初めてのメンズ脱毛【岡山編】 » メンズ脱毛で注意すべきポイント » 痛みについて

痛みについて

メンズ脱毛の痛みは耐えられる?緩和する方法は?

このページでは、メンズ脱毛を受ける上で避けて通れない痛みについて調べています。

実際どのくらいの痛みを感じるの?

メンズ脱毛の方法として一般的なのが、「医療レーザー脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛」の三つ。

では、それぞれどの程度の痛みを感じるのでしょうか。

医療レーザー脱毛

近年もっともスタンダードな脱毛方法といえるレーザー脱毛。 その痛みは「輪ゴムでパチっと弾いたような痛み」とよく表現されます。 レーザー脱毛と光脱毛は仕組み自体は同じですが、レーザー脱毛の方がより高出力なため、効果が高いぶん強い痛みを伴い、その痛みの緩和のために麻酔を使用することもあるようです。

光脱毛

前述したように、仕組みはレーザー脱毛と同じであり、その痛みの表現もいわゆる「輪ゴムを弾いたような痛み」といわれます。

ただし、出力がレーザー脱毛より弱いため、我慢できないほどではないという口コミも多く、痛みが最も少ない脱毛方法といえます。

ニードル脱毛

毛穴の向きに沿って細い針を挿入して電流を流すニードル脱毛。

この三種類の脱毛方法の中で最も脱毛効果が高いといわれていますが、そのぶん激痛を伴います。

特に鼻下やVIOといった場所は「涙が出るほどの痛み」を感じるといわれています。

痛みの程度は人それぞれであり、脱毛する場所によっても異なります。そもそも、どの脱毛方法でも痛みを完全になくすことは不可能です。

施術中の痛み

耐えられないほどの痛みを感じるのは、医療レーザー脱毛とニードル脱毛といえますが、医療レーザー脱毛とニードル脱毛の「絶縁針脱毛」については、医療機関でのみ施術を受けることになります。

そのため、医師のカウンセリングの際に、麻酔の使用を相談してみてください。

また、事前に痛みを回避するための方法として、「カフェインを摂取しない」「肌の保湿」「ロキソニンなどの鎮痛剤を使用」「日焼けをしない」などが考えられます。

施術後の痛み

施術後の痛みの主な原因は、「赤み・炎症」「毛嚢炎(ニキビ)」が挙げられます。

まず「赤み・炎症」については、冷たいタオルや保冷剤を患部に当てて、熱を冷ましましょう。

その上で、施術を行なったクリニックやサロンに相談し、できるだけ早く医者の診察を受けた上で、処方された塗り薬を使って治療してください。

「毛嚢炎(ニキビ)」が出た場合も、それ以上の悪化を防ぐためにすぐにクリニックやサロンに連絡し、医者の診察を受けてください。

イメージ

初めてのメンズ脱毛は誰にも知られること無く、ひっそりと体験をしてみたい。そんな考えをもっている方は、ぜひ一覧から探してみてください。

岡山のメンズ脱毛店が知りたい!